CSSのリファレンス本を購入しました

わたしは専門学校卒業後少しだけデザイン事務所の中で「ホームページ」の担当をしていました。その後は趣味的にWEBにずっと関わってきているので4・5年に1度HTMLやCSSのリファレンス本を買っています。

ネット検索である程度調べることができるのですが、作業中に検索しはじめると全く関係ない記事をよみふけったりと誘惑がおおいので書籍のリファレンスはやっぱり必要です。

今までは秀和システムの詳解シリーズを買っていましたが、2013年発行のものがCSS3の情報がなく知りたいことが書かれていなかったので別の出版社に浮気しました。(注:秀和システムからもCSS3対応の最新版が出版されています)

今回購入したのはインプレスのできるポケット「HTML5&CSS3/2.1全事典」です。

いままでと違うフォーマットのリファレンスでしかもポケット版と小さなサイズのわりに文字サイズなど問題なく見やすいです。ネットでのレビューでは索引が使いにくいということが書かれていましたが今のところそれも感じません。

すべてのHTMLタグやCSS要素にフリガナが打ってあるのが親切ですね。<tr>タグがTable Rowの略だと初めて知りました。

HTML/CSSの知識は少々あるので調べる頻度もいまのところそんなに高くはないですが、CSS3は要素も増えているのでまだ知らない便利なこともたくさんありそう。うまく活用していきたいです。

スポンサーリンク