ハンディーアイロン&スチーマーSA-4086を購入しました

SA-4086はツインバードのハンディーアイロン最新モデル(2017年5月現在)

TV通販でも人気のスチームで衣類のシワをのばすハンディーアイロンは多くのメーカーから類似品が発売されています。

このツインバード工業製SA-4086は通販番組では「ウルトラスチーム」という名称で販売されていることもあるようです。

生活家電メーカーのツインバードだけでも現在6種類のスチーマーアイロンが製造販売されています。(※メーカーサイトより)

楽天でスチーマーアイロンを探すと数多く出てくるのがSA-4084という機種で定価は5000円。実売価格は2000~3000円程度の商品です。

もともとわたしもSA-4084を購入するつもりでいましたが、メーカーサイトでSA-4086(定価は同じく5000円)の存在を知り4000円弱と少し値段は上がりましたがこちらを購入しました。

メーカーサイトの情報によると、4084よりも倍のスチームが出るようになったらしい4086。この手の商品を購入するのは初めてなので「倍」というのはわかりませんでしたが、シワを伸ばすのに十分なパワーはありました。

ツインバードから発売されているハンディスチーマーSA4086とSA4084の違いについて。定価は同じですが実売価格は旧製品であるSA-4084のほうがかなり安く新製品のSA-4086はスチーム量が倍になっています。
スポンサーリンク

ハンディーアイロン&スチーマーを使用してみて

立ち上がりが早く、すぐに使える。

電源をいれて、水入れて、1分もしないうちに使い始めることができます。専用カップ1杯(75ml)でシャツ2~3枚分くらいは連続で使えますね。

本体は軽量で、コードも長いので取り回しやすいです。

トリガーを引くとシュッとスチームが吹き出すので、アイロンを滑らしながらリズムよくスチームをだしていくとまんべんなくサクサクとシワを伸ばすことができます。トリガーを引くタイミングが早すぎるとスチームにならず水・お湯が流れ落ちます。

ふつうのアイロンのように連続してシューッとスチームが出るわけではありません。

たたみジワ、折りジワをさっと伸ばすことができる。

ワイシャツなどパリッとしっかりプレスするまでもないカットソーやニット、Tシャツのたたみジワにスチーマーはとても向いています。

また、一度履いたけど洗濯はしないパンツやジャケットの着用でできたシワもリセットできてニオイ対策にもなるのでお出かけ前だけではなく帰宅後も活用できます。

化繊はもちろん、綿素材にも意外と力を発揮。

もともとはアイロンではテカってしまう素材に使うためにスチーマーを購入したのですが、しっかりとアイロンでプレスしないと厳しいかなとおもっていた綿100%のシャツでもハンガーにかけたままスチームでシワを伸ばすことができました。

パリッとはいきませんが洗濯じわもきれいにとれてちゃんとアイロンがけしたシャツになります。イメージとしてはきちんとかたちを整えて干した形状記憶シャツような仕上がりに。

襟まわりや袖などプレスが必要な場合にはアイロン用のミトンなどがあると便利ですね。

購入してよかった!ハンディーアイロン&スチーマーは活用度が高い便利なアイロンです

アイロン台を出すのがめんどくさいと思うほどアイロンがけが苦手なのですが、ハンディーアイロンは電源をいれればすぐに使えて、服もハンガーにかけたままシワ伸ばしができるのでものすごくアイロンがけのハードルが下がりました。

たくさんの衣類にアイロンをかけるのには向いていませんが、手軽に使えるのでもう一台セカンドアイロンとして持っていても活用頻度は高いと思いますし、ブラシを外してふつうのアイロンとしても使えるので一人暮らしの方のメインのアイロンとしても値段・大きさともに手頃でおすすめです。

従来品であるSA-4084の取扱店が多いので購入時には気をつけてくださいね。

ツインバード工業 ハンディーアイロン&スチーマーSA-4086