WordPress投稿時に408 Request Timeoutと表示される。

今年の3月末頃から、運営しているサイトでWordpressに投稿したりコメントするときに「408 Requset Timeout」が表示され投稿できないことが結構な頻度で発生。

リロードすれば投稿はされるのですが、もしこれがサイトにコメントをしてくださる方にも発生しているかもと思うと放置するわけには行かず対策を調べました。

408 Request Timeoutはクライアント(ブラウザ)とサーバの間の接続時間が制限値を超えたときに発生するそうで。

対応策を調べると「接続時間の制限値を大きくすればよい」と書かれたサイトが多かったのですが、レンタルサーバのユーザーが設定できるものではありませんでした。

スポンサーリンク

408エラーはウイルス対策ソフトの設定を見直して解決

サーバのログを見てみると幸いなことにこの事象が発生しているのが自分だけ。

そこでクライアント側でできることを調べた結果ウイルス対策ソフトによるフィルタリングが原因では?と思いあたり自分のサイトのIPをフィルタリングがら除外するとそれ以降408 Request Timeoutは発生していません。

ウイルス対策ソフトはESET INTERNET SECURITYを利用しているので設定方法を紹介します。(バージョン11.0)

設定方法

設定から詳細設定を選択します

WEBとメールの項目からプロトコルフィルタリングをオン、対象外のIPアドレスにサイトのIPアドレスを追加します。


サイトのURLではなくIPアドレスなのでご注意ください。IPアドレスは株式会社CMAN様のサイトなどで調べることができます。

ドメイン/IPアドレス サーチ 【whois情報検索】
https://www.cman.jp/network/support/ip.html

408 Request Timeoutはメッセージが表示されなくとも発生している

以前記事にしましたが、サーバはロリポップを利用しています。

自分のサイトでタイムアウトが出るようになってからロリポップの管理画面を利用しているときでもページが切り替わらなくなったり、ウェブFTPが利用できなかったりすることが増えました。

そこでロリポップのIPアドレスもフィルタ除外にするとこちらも解決。

管理画面の場合はエラーメッセージが表示されず、障害かと思っていました。

Twitterなど他のサイトでも投稿時に応答がなくなることがあるので原因は同じなのかもしれませんね。