DHC薬用洗顔パウダー使用レビュー

これまで使っていた石鹸の在庫がなくなったので、新しい洗顔料にチャレンジしようと以前から気になっていたパウダー洗顔料を試してみることにしました。

今回はドラッグストアなどでも購入できるDHC薬用洗顔パウダーを購入。900円前後の価格も手頃です。

スポンサーリンク

使用感のレビュー

DHCの薬用洗顔パウダーは無香料

無香料なので粉末状態でも泡立てても匂いはありません。原材料の匂いが多少あるのかもしれませんが気になる匂いではなかったですね。長らく洗顔フォームのようなペースト状で香料の含まれる洗顔料は使っておらず、無香料のアイテムをよく使っているのでなれているだけかもしれませんが。

水に溶けやすく手で泡立ててもしっかり泡立つ。

手のひらにティースプーン1杯分…がわからず適当にだしたのですが、調べてみたらティースプーン1杯=小さじ1杯強という感じなのですね。写真では小さじ半分をイメージした規定量よりも若干少ないくらいのパウダーを泡立てたものです。

水数滴に簡単に溶けて、手を使っての泡立てでもすぐにしっかりと細かな泡が出来上がります。水道から勢い良く水を出してしまうとパウダーが流れてしまうので溶かす時には慎重になりました。

ホイッパーをつかえばもっちりしたつぶれにくい泡に。

手でもよく泡立つので泡立てネットなどの使用は考えていなかったのですが、ふと思い立って100均で購入した泡立て器を使うともこもこの泡がちゃんと出来上がりました。ホイッパーに合わせて小さじ1強のパウダーで作ると顔だけでは使い切れないほどたっぷりのもっちり泡になるので肘など角質の気になる部分にも使ってしまいました。

洗い上がりはサッパリ。石鹸のようなキュキュッとした感じはない。

よく泡立つのですが、潰れやすく水切れのよい泡になります。そのためさっとすすげてさっぱり。保湿系洗顔料のようななにか成分が残る感じもないのですが、石鹸のようなキュキュッとした洗い上がりでもなく。つっぱる感じはないものの、酵素配合のパウダー洗顔料ですので洗浄力はおそらく高め、しっかりとその後のケアはしないといけなさそうな洗い上がりです。
DHC薬用洗顔パウダーの購入ページへ

DHC薬用洗顔パウダーの使用感はGOOD、だけど気になることも

医薬部外品のため全成分非公開

DHCの薬用洗顔パウダーは「医薬部外品」ということで全成分公開されていないのですね。

公式サイトやパッケージの情報を見ると、角質・毛穴汚れを除去する「たんぱく質分解酵素」・炎症を抑える「グリチルリチン酸ジカリウム」・保湿成分「はちみつ・ヒアルロン酸」が含まれる以外のことがわかりませんし、それぞれもどれくらいの配合量かもわかりません。

DHCには他にも洗顔パウダーがあります

個包装タイプの「DHCクリアパウダーウォッシュ」という酵素のはいった洗顔パウダーもあります。価格も少し高め。こちらは化粧品なので成分表示が行われています。

DHCクリアパウダーウォッシュ」はアミノ酸系洗浄成分使用なのもセールスポイントなので、冬場だったり薬用洗顔パウダーでつっぱる場合はそちらを試してみるのもいいかもしれませんね。